FC2ブログ
2008.06.21

流星の絆

いやー、時間が無いくせに読んじゃいましたね。
今回は後輩から借りた東野圭吾氏の「流星の絆」です。
ってか、久しぶりにちゃんとした本を読んだ気がするw

内容かなり荒く説明すると、子どもの頃に親を殺された功一、泰輔、静奈の三人兄妹が
大人になってからその犯人を復讐しようとする話です。
はっきり言いますが俺の説明はどうしようもないくらい荒いです。なぜなら、とても眠たいからです。
でも、寝るときっと書く時間が無いので頑張ります。

で、その復讐相手の息子に妹の静奈が惚れてしまうという誤算があったりと。
俺が読み終わった後に思ったのは、伏線が上手いなぁということでしたね。
最初のほうにあったことが、ここに繋がってるのかぁと思ったりすると感嘆するばかりでした。

そして、俺の読んでるときの心情は、途中からは早く読み終わりたいっていう気持ちが大きかったです。なんか、読むのを止まってしまうといろんな事を考えてしまいそうだったのです。
なんといっても、兄弟の絆がとても深いことに感動します。
そして、とてもハヤシライスが食べたくなる本ですw

ここから一応、ネタバレになるかも
読みたい人は反転で

俺的にこの本が良かったのは、やっぱりハッピーエンドだったからだと思います。
なんだかんだ言って、ハッピーエンドはいいものですね!
すいません、本当にしょーもない、ネタバレでもなんでもなくてw
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://konnanisorahaaoinoni.blog93.fc2.com/tb.php/140-8a0043c4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する