--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.15

最近、読んだ本

ということで、俺が前の更新から今までに読んだ本でもかるーく紹介していきます
正直、ジャンルはめちゃくちゃバラバラです笑

とりあえず、箇条書き(順不同)すると

・経済は「感情」で動いている(行動経済学の本です)友野 典男
・狼と香辛料(8~12巻) 支倉凍砂
・キノの旅13巻 時雨沢恵一
・偽物語(下) 西尾維新
・猫物語(黒) 西尾維新
・零崎シリーズの全巻 西尾維新
・世界の終わりとハードボイルドワンダーランド 村上春樹
・海辺のカフカ 村上春樹
・阪急電車 有川浩
・植物図鑑 有川浩
・塩狩峠 三浦 綾子

おまけ(マンガ編)
・さよなら絶望先生 久米田康治
・よつばと! あずまきよひこ
・ふたつのスピカ 柳沼行
・3月のライオン 羽海野チカ

・・・全然大学生って感じじゃねぇ
はーい
やっぱりね、がっつりしたやつだと読み応えがあるから時間がかかるね
だから、そのかわりに読みやすいラノベの量は増えるんだよ

で、おすすめの本ですが……
正直全部面白いので全部おすすめです笑

俺はラノベは好きな作品だけしか読まない(キノと狼)ので、これに関してはただただ好きの一言です

西尾維新は(まぁラノベ系ですが)個人的にすごく好きな作家さんなので、いっぱい読んでます
すごいセンスが好きなのですが、ちょっと厨二っぽすぎるところもあるかもしれないですね
特に「物語」シリーズは最新作になるにつれて、変態度も上がってくるのでそこで好き嫌いにわかれるかもしれないですね 俺は面白いので好きですけど笑

村上春樹はね、すごく面白くて物語に引き込まれるんだけど、俺が未熟だからなのかあんまり意味が分からないことがあるんですね 内容がちゃんと理解できて読んでいる人はすごいと思います

有川浩は、いつもどうりの甘甘な展開ですねw
ただ、阪急電車は個人的にすごく好きな感じでした
ってか、こんな感じのストーリーの話を書いてみたいと思ってたんです

塩狩峠はなかなか感動しました
主人公の心情やらが伝わってきて、究極の自己犠牲を見た気がします
まぁ、個人的には自己犠牲っていう言葉は嫌いなんですけど

漫画は、絶望先生とよつばと!はとにかく面白いので一読の価値はあると思います
絶望先生のネタは人を選ぶかもしれませんが……

ふたつのスピカは集めている最中なんですが、とりあえず今のところ一巻ごとに泣いてます笑
いや、ほんとに泣けてくるんですね 素直に涙が出てきましたよ

3月のライオンはあの「ハチクロ」の作者の羽海野チカなんですね
結構重いストーリーっていうか主人公が重い状況になったりするのですが、柔らかいタッチの絵で優しく表現されていてすごく重くならず読めるんです
こちらの心も暖かくなるこの話
今、漫画の中で一番のおすすめです

ちなみに、今読もうと思っている本は宮部みゆきの模倣犯と、伊坂幸太郎の終末のフールです

多分、読んだ本で抜けてる本もあるかもしれないのですが、思いだしたらまた更新するかもです
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://konnanisorahaaoinoni.blog93.fc2.com/tb.php/177-bc5a4db9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。